人生の暇つブしログ

グルメ・おでかけ情報のぎゅうぎゅう詰め

【グルメ】 うなぎ専門店 本多(長野県飯山市)

こんにちは。

 

アジサイを求めて湯田中温泉へ #番外編』

 

旅の最後は、ランチをして帰ります。

 

飯山駅からほど近く、飯山市役所の北側の一本裏に入った場所にある創業明治37年(1904年)の老舗のこの店は、日本でも数少ないウナギ専門店です。

f:id:uriday:20210628112030j:plain

お店の入口

北信地域ではとても有名なウナギ屋さんだそうで、「ウナギの日」ともなるとお持ち帰りの人もいて大混雑するそうです。

しかも、お店のパンフレットが作れるのですから、それくらい人気のお店であることは間違いないと思います。

それを聞いたので、近くまで来たからにはこれは素通りできません。

今回は〝ウナギの日〟ではないのに奮発してウナギを食して参りました。

 

f:id:uriday:20210628112058j:plain

店内

 

 

《目次》

 

 

①メニュー

ここまでウナギで作れるのかと感心してしまうくらいウナギのメニューがずらりと並んでいます。蒲焼き白焼はもちろんのこと肝吸い、うまき(ウナギを玉子焼きで巻いたもの)、肝焼、ウナギレバー串焼、ウナギ酢の物、骨揚げ、カブト煮などかなりバリエーション豊かです。

地方発送やお持ち帰りも受け付けてくれます。

しかし、本当にウナギというのは高価ですね。一番お高いのになると、一人前で4100円ですよ!普段は食べれません。自分のお金では食べれません。

ウナギだけではなく、その下にあるお米にも〝こだわり〟があり、幻とも言われている「木島平米」を使用し、お漬け物は季節によって野菜を変えているそうです。どこまでも〝こだわり〟ますねー。

f:id:uriday:20210707155743j:plain

f:id:uriday:20210707155740j:plain

f:id:uriday:20210707155732j:plain

メニューの一部

 

 

②人気メニュー

お酒のツマミに白焼もいいのですが、もちろんウナギの蒲焼きをどんぶりに乗せた「うな丼」が圧倒的の人気メニューだと思います。

 

f:id:uriday:20210707155749j:plain

うな丼 3300円

 

f:id:uriday:20210707155746j:plain

お吸い物 350円

 

どんぶりに3/4匹乗ったウナギは骨を感じることもないくらい柔らかく、タレが炭の香ばしさと相まってご飯が止まらない旨さです。汁気は付いてなく、お漬け物のみです。

お吸い物は別料金で注文するのですが、ここにもウナギです。お吸い物の中にはウナギの肝が入っていました。それでもあっさりとした味付けで匂いなども感じませんでした。

 

 

③店内

2階建ての建物は、創業から100年以上経っているにも関わらず、いつ改装したのかというくらいとてもキレイです。儲かるんですねー!

 

f:id:uriday:20210628112129j:plain

お店の2階

1階には客席35席、2階には座敷席(30席)、椅子席(14席)があり、個室接待や子供連れの家族にも対応してくれるそうです。

 

f:id:uriday:20210628112208j:plain

椅子席

 

 

④アクセス

 

 

⑤基本情報

【住所】   〒389-2253 長野県飯山市飯山1117

【電話番号】 0269-62-2213

【営業時間】 11:00 ~ 19:00

【定休日】  毎週木曜日

【駐車場】  あり

【公式サイト】【公式】うなぎ専門店 本多|長野飯山の地で110余年唯一無二の味を

 

ランキングはこちらをクリック!

 

ごちそうさまでした。