人生の暇つブしログ

グルメ・温泉宿・絶景スポットなどのおでかけ情報をぎゅうぎゅう詰め!

岐阜県高山市『飛騨大鍾乳洞』‐ 2億5000万年かけて作られた神秘的ヒンヤリ避暑スポット


こんにちは。うらいで~編集長です。



\ 今回、ご紹介するのはコチラ! /


飛騨大鍾乳洞


およそ2億5000万年かけて造られた大自然の神秘を1965年に大橋外吉さんが発見した全長約800m、未開発洞部分約1,000mに及ぶ国内屈指の観光鍾乳洞『飛騨大鍾乳洞』(1968年より一般公開)。


日本全国に約80か所あるという観光鍾乳洞の中でも日本一高い場所(標高900m)に位置し、周辺には奥飛騨温泉郷や新穂高ロープウェイなど観光名所も存在します。


洞内の通年平均気温は約12℃と、真夏には絶好の避暑スポットとなっていて、冬には氷柱も見れ、ヘリクタイトと言う珍しい曲がり鐘乳石が、日本の観光鍾乳洞の中で一番多いことでも知られています。



また、「両面宿儺(りょうめんすくな)」ゆかりの地としても知られ、「呪術廻戦」では悪いイメージですが、本当は違う意味なので説明板を読んで理解を深めましょう。


支払い方法はみんな大好きニコニコ現金はもとより、クレジットカードや電子マネーもたくさん使えます。公式サイトには《入場料100円割引》や《前売割引入場券》も載っているので忘れずにチェックしてくださいね。


【周辺スポット】ランチとロール寿司が人気のオシャレレストラン「旬鮮厨房 だいなモ」


大橋コレクション館

 
まずは駐車場から階段を上り、入場券を購入。さらに階段を上ると見えてくるのが『大橋コレクション館』。鍾乳洞に入る前に必ず通過するようになっています。



飛騨大鍾乳洞の発見者である大橋外吉さんが集めた世界の美術品、装飾品など約1,000点を展示していて、鍾乳洞入場券との共通券になっているので、もちろん見学自由。目玉は、「金塊強盗事件」で一躍有名になった「戻ってきた金塊」ですね。今はレプリカですが…。


【周辺スポット】樹齢500年のシダレザクラが有名な桜スポット「安養寺」


散策スタート♪


第1洞~第3洞までの3つに区分されていて、区分ごとに「第1出口」「第2出口」が設けられているので断念も可能。第2出口から先は急な坂道があるので足腰の弱い方や根性のない方は、きっぱりと諦めましょう。最終出口までの所要時間はおよそ30分ですが、探検気分で進めばそんなに苦もなく上りきれますよ。



一歩踏み入れるとすぐにヒンヤリしますが、歩いていれば汗をかくくらいなので、真夏は上着もいらないと思います。


 
 
 
広さより長さと高低差が凄く、天井が低いところもあるので頭突きしないように気をつけて進みましょう。たま───にコウモリさんたちがお出迎えしてくれることも。


 
 
 
洞内はライトアップされ、様々な鍾乳石が幻想的な雰囲気を醸し出していて、ここが海底だったと思うと感慨深いですね。
(≧▽≦) 神秘的♡



足元はコンクリートで固められているので歩きやすいですが、湧水が流れていたり、水滴が垂れてきたりして滑りやすいのですが、滑るのはギャグだけにしましょうね。スニーカーや安全靴、それとできれば帽子やフードのある服、もしくはテンガロンハットがあれば、より完璧です。下駄や雪駄だとかなり苦戦すると思います。



洞内には、鍾乳石のほかにも「酒類洞窟低温貯蔵庫」や「うど栽培」などあってかなり楽しめます♪


【周辺スポット】秘境の温泉地「白骨温泉」にある自家源泉のある「白船荘新宅旅館」


岩魚たちの楽園


帰り道は現実に戻り、屋根のある階段廊下、たまに外に出れる道をおよそ10分下れば駐車場に着きます。こんなに上がってきたのかと、きっと驚くことでしょう。



 
通路沿いには、岩魚がウヨウヨしている池があり、間近で見れるとあってキッズたちは狂喜乱舞すると思います。ガチャガチャに魚のエサが売っていて、そろそろお腹が空く頃ですが、そこはちゃんと魚にあげてくださいね。



一番下まで下りると売店があり、お土産などのほかにキュウリやトマト、ラムネが冷やして売っています。



また、駐車場にはいくつか飲食店があるので、歩き疲れた身体に栄養補給をして、しっかりハンドルを握って帰路につきましょう。
お疲れ様でした。


あとがき

我が家と同じインテリアの鍾乳洞は、どこも幻想的で普段の生活では見られない別世界を体験できました。熱中症アラートが出た時などはここで涼しむのをオススメします。



\YouTube、始めました♡/
スベリーマンの信州放浪記 - YouTube


リアルなすべり台動画からスタート♪
チャンネル登録よろしくお願いいたします。


www.youtube.com


基本情報


 飛騨大鍾乳洞

 [住所]   〒506-2256
        岐阜県高山市丹生川町日面1147
 [電話]   0577-79-2211
 [営業時間] 4~10月 8:00 ~ 17:00
        11~3月 9:00 ~ 16:00
 [入場料]  大人 1,100円|小人 550円
        ※団体・身障者割引あり
 [定休日]  年中無休
 [アクセス] JR高山駅からタクシーで30分
        平湯ICから車で22分
 [駐車場]  普通車300台
 [HP]   飛騨大鍾乳洞

※価格はすべて税込価格のはずです。※訪問当時の情報ですので、最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
   ブログランキング・にほんブログ村へ
> ブログ王はこちら! <


旅の予約はコチラからできます。
 

\ お土産、忘れてませんかー? /


ご購読ありがとうございました。