人生の暇つブしログ

グルメ・温泉宿・絶景スポットなどのおでかけ情報をぎゅうぎゅう詰め!

【 阿智村 】ヘブンスそのはら|リフトを乗り継いで向かう標高1,600mからの絶景☆彡


こんにちは。うらいで~編集長です。



\ 今回、ご紹介するのはコチラ! /

 


ヘブンスそのはら


環境省により「日本で最も星が輝いて見える場所」第1位(2006年度)に選ばれた阿智村には天国のような天空の楽園があります。それが、ロープウェイとリフトを3つ乗り継いで標高1,602mまで行ける山岳観光施設『富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら』です。

山頂からは南アルプスなどが一望できる大パノラマが広がり、さらにそこから「富士見台高原」までトレッキングすれば、もう一つの絶好ビューポイントも拝めるあの世みたいな楽園です。

夜には期間限定で「星空ナイトツアー」があり、満天の星が輝くロマンチックな雰囲気の中で甘い言葉を囁くにはうってつけ♡

また、と─────っても珍しい水芭蕉を見たり、森林浴を楽しんだり、ペットに遊ばれたり、ソフトクリームと記念撮影したりと、ここはやることだらけ!

また、冬は南信州エリアでは最大級のスキー場として営業していて、春夏秋冬楽しめるお値段以上の価値がある天空リゾートです。

※現在はお花を植えたり、整備・点検したりしているため休業中となっています。2022年の夏営業は7月16日(土)から(8/31まで)。

◆周辺のおでかけスポット◆


駐車場について


7ヵ所に計1,500台停められますが、ハイシーズンにはかなり混むそうなので早めのお出かけをオススメします。第1駐車場は高さ2.3mまでなので、制限を超える車は第2駐車場へ。

近くにある花桃の里』の駐車券に大人500円引の特別割引券が付いているので合わせて行くとお得♪しかも、一枚につき一台乗車人数分使えます。

◆周辺のおでかけスポット◆


ロープウェイ


それではロープウェイ山麓駅にある売店をチラ見して、放尿して、いざロープウェイ乗り場へ。

日本有数の長さを誇るこのロープウェイは全長2,549m、標高差610mもあり、山頂駅まで片道15分の空中遊覧では、南アルプス花桃の里が見渡せ、季節の訪れを一番最初に教えてくれる山々を見て季節の移ろいを感じることができます。ペットもケージかバックに入れば乗車OK!ただし、3つの山を越えていくだけあって高さは絶叫レベル!!
高─────いッ!!
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

◆ 周辺のおすすめスイーツ ◆


ペアリフト


ロープウェイを降りた標高1,400m地点は、ものすご─────く広いエリアが広がっています。ここからリフトか徒歩で次の展望リフトへ向かいます。

リフトは片道7~8分で、高さがほとんどなく高所恐怖症の方でも平気な顔で乗れると思いますよ。また、夏シーズンになるとリフトの足下一面に「ベコニア」の絨毯が敷きつめられ〝花絨毯リフト〟へと変貌するのでオススメ。


天空の遊歩道


ペアリフトでイチャつくカップルを見るのがイヤな方は徒歩でも展望リフトへ進めます。

マウンテンロッジからセンターハウス(トイレあり)間にきれいな遊歩道が設けられていて、途中には山野草の森や水芭蕉の小径などもあり、と─────っても珍しい幸せの黄色い水芭蕉が見れたらハッピー&ラッキー☆彡



展望リフト手前のセンターハウスには、食事のほかにソフトクリームなどが売っているレストランが入ってます。


 
 

この日は絶好のソフトクリーム日和だったので、生粋の〝ソフトクリーマー〟としては素通りはできません!もふもふの極太渦巻きの「モコモコソフトクリーム」を買って、屋外にあるガーデンソファーでまった─────りしました♪リラックスチェアもあるので、誰もいなくなるまでボ─────っとしてみるのもいいかも♪
( ゜o゜) ボ─────。


展望台リフト


最後はものすご─────い傾斜を約7分かけて上がっていく展望リフト。いろいろ想像してしまうので、後ろは見ない方が賢明です。
ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 ミナイ!ミナイ!


展望台


ついに、標高1,602mへ到達!!

自分の足では登らない自称・電動登山家としては、およそ1時間かけて無事歩かずに山頂に着くことができて万々歳!この日は下界とまったく気温も違い少しひんやりしていて気持ちいいくらいでした♪

リフトを降りてすぐの場所には、2021年秋に新設された「展望デッキ ソライロ」があり、南アルプス伊那谷を眺めながらゆ─────っくりするには最適な絶景スポット♡こういう時は時間を気にしてはナンセンス!ここは思いきって時計も携帯も捨てましょう!
⌒ヾ( ゚⊿゚) ポイッ


富士見台高原


まだまだ元気あるぞ!という方は、さらに約90分ほどトレッキングをして標高1,739mの「富士見台高原」を目指してみてはいかがでしょうか。

歩くなんてゴメンという方は高原バスで。バスなら20分で中腹にある『萬岳荘』まで連れていってくれますよ。そこから制汗スプレーをして山頂を目指しましょう!

◆ 周辺の日帰り入浴施設 ◆


料金

ここが一番重要ですね。下の表を参考にして、ぜひ、お財布か美人妻と相談して次の旅行の計画をたててみてください。

ロープウェイ・リフト券
 大人 3,200円 小・中学生 1,500円
ロープウェイ往復
 大人 2,300円 小・中学生 1,100円
ペアリフト往復券
 大人 600円 小・中学生 400円
展望リフト往復券
 大人 800円 小・中学生 400円
富士見台高原バス
 片道 400円(大人子供共通)
※未就学児は無料。
※ロープウェイ・リフト券は、ロープウェイ往復+ペアリフト往復+展望台リフト往復のセット。

◆ 周辺のオススメ宿 ◆


あとがき

山を越え、谷を越えてたどり着く大自然に囲まれたヘブンは、きっと日々の憂鬱な気分も吹き飛ばしてくれるハズです。ぜひ、皆さんも貯まった有休休暇の消費に「ヘブンスそのはら」へ行ってみてください。

◆ 周辺のグルメスポット ◆


基本情報


 富士見台高原ロープウェイ「ヘブンスそのはら」

 [住所]   〒395-0304
        下伊那郡阿智村智里3731-4
 [電話]   0265-44-2311
 [営業時間] 9:00 ~ 16:30(最終16:00)
 [営業期間] 春 4/16 ~ 5/15
        夏 7/9 ~ 8/31
        秋 9/23 ~ 11/20 
 [アクセス] JR飯田駅からタクシーで50分
        園原ICから車で5分
        飯田山本ICから車で20分
 [駐車場]  普通車1,500台
 [HP]   ヘブンスそのはら

※価格はすべて税込価格のはずです。※訪問当時の情報ですので、最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
   ブログランキング・にほんブログ村へ
> ブログ王はこちら! <


旅の予約はコチラからできます。
 

\ お土産、忘れてませんかー? /


ご購読ありがとうございました。